爪がボロボロ!?足の爪が水虫になったら時の治療方法と治し方

MENU

【体験談あり】爪がボロボロ!?足の爪が水虫になったら早期治療を!治し方はコレ

足の爪が水虫

 

足の爪が白くてボロボロ・・・
もしかして、それは足の爪が水虫にかかっているかもしれません。

 

私の母は足の爪が水虫になる「爪水虫」で悩んでいました。
それまで「爪水虫」という病状があることを知らなかったので、年齢を重ねると次第に爪がボロボロしてくるものだと思い込んでいて放っておいたのです。
ですが、だんだん足の爪のボロボロが酷くなってきたので調べてみると、それは加齢のせいではなくあきらかに「爪水虫」という症状だったのです!

 

爪水虫は、放置していても自然に治ることがありません。
爪に感染した水虫菌は、爪の内部に浸透して症状が悪化するだけでなく周りの家族や小さいお子様、ペットにまで感染してしまいます。

 

母が爪水虫になり、いま爪水虫を治療しています。
あまり耳にしない病状でしたが、母の爪水虫を治療するにあたって「専門の医師の情報」「書籍の情報」「実際に爪水虫の治療をしている方の情報」を調べました!
このサイトでは爪水虫の治療方法や塗り薬での治療の経過などを写真で載せていますので、足の爪が水虫になってボロボロで悩んでいる方は参考にしてみてくださいね!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

足の爪が水虫でボロボロ!?治療薬はコレがおすすめ!

 

足の爪が水虫!?治療方法と体験談サイト【目次】

 

【爪がボロボロ】足の爪が水虫!?こんな症状は爪水虫かもしれません

足の爪が水虫になると、どんな症状になるのでしょう??

足の爪が水虫

↓爪水虫の症状はこんな症状があります↓
  • 爪がくすんで白く濁っている
  • 爪がガサガサになり硬く分厚くなる
  • 足の爪の表面がボロボロで爪が取れそうになっている
  • 足の爪が靴にあたって痛い

 

足の爪が水虫になると、本来の爪とは違い、白く濁った状態になります。
爪水虫に感染すると綺麗な爪が生えてきません。爪が白くなってボロボロしていたり、硬くなって爪切りで切りにくくなります。
また、時間がたつにつれて症状が進行するとどんどん爪がボロボロになり、治療にも時間が掛かるだけでなく周りの家族にまで移してしまうことになります!
爪水虫は、目で見て判断しやすい病状です。「なんか変だな」と感じたら爪水虫を疑ってみると良いでしょう。

 

爪水虫は、初期の段階では自覚症状がないので、痛みやかゆみがありません。
そのため、爪水虫にかかっていても気が付かずにそのまま放置してしまうことで症状が悪化することも多いのが特徴です。
爪水虫が悪化すると、靴に爪があたって歩きにくくなり、痛みを伴うこともあります。爪がボロボロになってきて始めて、自分が爪水虫だと気が付くことも少なくありません。
ここまでくると、他の指にも感染したり、治療にも時間がかかってしまいます。

 

ご自分や家族が爪水虫かもしれないと感じたら、そのまま放置するのではなく、早めの治療を心掛けたいですね。

 

【足の爪ボロボロを治す】爪水虫の治療法まとめ

足の爪が水虫

では、足の爪が水虫になったら??どのような治療方法があるのでしょう??
ここでは、爪水虫の治療方法をまとめてみました!

 

病院での内服薬(飲み薬)を使った方法

爪水虫を患った場合、病院での治療が一般的です。
病院では、内服薬と外用薬を使用して治療に入ります。
内服薬を使った治療は高い効果が期待できるため、医師から処方された飲み薬を飲むことになります。
飲み薬は爪水虫の治療効果は高いのですが、副作用があることでも知られているので、定期的な血液検査が必要になります。
血液検査に問題がないようでしたら、内服薬での治療をスタートすることになります。また、内服薬だけでなく、爪水虫用の塗り薬も併用して治療に入る場合もあります。

 

内服薬は爪水虫の治療効果が高いのですが、副作用もあり、血液検査の結果によっては内服薬での治療が受けられない場合があります。また、飲み合わせの悪い薬もあるので、常用している飲み薬がある場合は、必ず医師に相談をしましょう。
妊娠中の妊婦さんや授乳中のママさん、そして妊娠を希望している女性も内服薬での治療はできません。

 

↓報告の上がっている副作用↓

  • 腎臓や肝臓などの機能低下
  • 頭痛や吐き気
  • 消化器系の障害
  • めまい、頭痛、吐き気など

 

病院での外用薬(塗り薬)を使った方法

足の爪が水虫

血液検査で問題がある場合や、お薬の飲み合わせの問題、内服薬の副作用が心配、妊娠中で内服薬が飲めないなど、なんらかの理由があって内服薬での治療が出来ない場合は、外用薬(塗り薬)を使った治療をします。

 

「塗り薬での治療は効果がない」という医師の情報もありますが、・市販されている爪水虫の薬は硬い爪の内部に浸透しにくい商品が多く白癬菌を退治できないのです。つまり
爪用ではなく水虫用を爪水虫に使用していて効果がない
ということが考えられるとされています。

 

外用薬(塗り薬)を使用して治療をする場合は、半年~1年くらいを目安に考えて、長期での治療を根気よく続ることになるということを頭に入れておきましょう。実際に塗り薬で治したという人の情報もありますので、途中であきらめないことが大切です!

 

レーザー治療で治す方法

飲み薬が飲めない場合は、レーザー治療をすることも可能です。保険が効かないので自費治療となりお金は掛かりますが、内服薬と違って副作用の心配はほとんどありません。
レーザーでの治療内容は、1か月に1回程度、患部にレーザーを当てて治療を進めていきます。
レーザー治療も時間が長期的にかかることになりますが、麻酔も必要がないため安全な治療法といえるでしょう。

 

病院に行かないで爪水虫を治療する方法はあるの??

最後に、病院に行かずに爪水虫の治療をする方法をご紹介します。
それは、『爪水虫専用の塗り薬を通販で購入して爪水虫に塗る』という方法です。
私の母は、この方法で爪水虫の治療をしています。

 

母は薬のアレルギーがあり、内服薬を飲むことができませんでした。病院で塗り薬を処方してもらうことも考えましたが、事情があって長期で通院することが出来なかったので、自分で塗り薬を購入して塗っています。通販で購入できるので、病院の処方箋がなくても手に入る塗り薬はとても助かります。

 

最初は、薬局やドラッグストアで売っている爪用の塗り薬を塗っていたのですが、なかなか爪水虫に効果を感じることができませんでした。市販されている塗り薬は『水虫用』の商品が多く、『爪水虫専用』のものがあまりないのが現状です。
そんな時に通販で爪水虫に効果の期待できる塗り薬があると知ったので、母の爪水虫に塗って治療しています。
これからどんどん開発されて、薬が近くのお店でも気軽に手に入ると嬉しいですね。

 

【爪水虫の写真つき】母の爪水虫をクリアネイルショットで治療中!経過報告

足の爪の水虫にクリアネイルショット

 

私の母が使用しているのは「クリアネイルショット」という塗り薬です。
クリアネイルショットは、水虫用ではなく爪水虫専用に日本で開発された唯一のお薬です。
通販で購入できる塗り薬には、クリアネイルショットの他に、海外製の「クリアネイル」という商品も有名で海外ではよく使用されているそうです。
「クリアネイルショット」か「クリアネイル」どちらにしようか迷いましたが、母が日本製の方が安心だから日本製のを使いたいということで、クリアネイルショットを使用することになりました!

 

母が爪水虫を患うまで知りませんでしたが、クリアネイルショットはとても人気の商品らしいですね!
公式サイトを見ると、お届けまでに時間が掛かりそうでしたが、私の場合は1週間もかからないうちに届きました。

 

足の爪の水虫にクリアネイルショット

 

自宅のポスト投函なので、日中仕事でいない我が家はとても助かります。封筒もとてもスリムなサイズなので、マンションのポストでも問題なく入るサイズだと思います。マンションにお住まいだとポストがスリムなタイプが多いので、いつもサイズ感が気になります(;^_^A
封筒を開封すると、クリアネイルショット本体とご案内の冊子、クリアネイルショットの使い方説明書が入っています。

 

足の爪の水虫にクリアネイルショット

 

クリアネイルショットは北の快適工房さんの商品ですが、私は以前、カイテキオリゴという商品でお世話になっていました。
カイテキオリゴがとても便秘に効いて、商品の効果を信頼しているので、個人的にはクリアネイルショットも爪水虫に効果が期待できると思っています。他の商品は効果が実感できなかったのですが、クリアネイルショットには期待したいと思います。

 

クリアネイルショットの本体はこのくらいのサイズです。

 

足の爪の水虫にクリアネイルショット

 

とっても小さいですよね!
持ち歩きに便利なサイズなので、旅行や外出先でも、周りの人に内緒でこっそり使えそうです。
そして、クリアネイルショットは容器の先が細いのが特徴的ですね。

 

足の爪の水虫にクリアネイルショット

 

薬を少量ずつ出せるので、爪水虫の患部にピンポイントで塗ることができそうです。中身は白く濁ったサラッとした液体が入っています。

 

足の爪の水虫にクリアネイルショット

 

香りを嗅いでみると、少し独特なハッカのようなハーブの香りがします。一部の口コミでは、この独特なメントールの香りが苦手…という方もいらっしゃいました。もしかして、香りに敏感な方は強く感じてしまうのかもしれませんが、私も母も気になりませんでした。薬を患部に塗ったあとにハンドソープで手を洗うと香りが残りませんよ。

 

届いたその日に、母の爪水虫に塗ってみました!
クリアネイルショットの使い方はとても簡単で、1日1回、爪水虫の患部に塗るだけでOKなのです!
塗るときのポイントは、しっかり足と爪の間を洗って清潔にして、乾かしたあとに塗布します。
サラッとした液体で、先端が細い容器なのが塗りやすいそうです。
べたつかないし塗った後は時間がたつと乾くので、そのままで大丈夫ですよ。

 

ちなみに、コチラが開始前の母の爪水虫写真です!

 

足の爪の水虫にクリアネイルショット

 

薬指と小指がけっこうボロボロになっています。これから毎晩、足の爪の水虫部分にクリアネイルショットを塗ってもらいます。
果たして、母の爪水虫に効果はあるのでしょうか??

 

=クリアネイルショットを使って1週間経過=

足の爪の水虫にクリアネイルショット

 

母:毎日使っていますが、1日1回塗ればよいので、とても簡単です。面倒くさがりの方でも続けられると思います。
1週間塗りましたが、爪は前と変わりません。
本当に爪水虫は治るのか心配です・・・

 

↑母の感想です。
まだ1週間くらいだと足の爪に変化はみられないようですね。まだ1週間ですが、爪にあまり変化がないので、母は少し不安そうでした。爪水虫の治療には時間がかかるというし、塗り薬だけの治療なので、気長に経過を見たほうがよさそうですね。

 

=クリアネイルショットを使って3週間経過=

足の爪の水虫にクリアネイルショット

 

母:クリアネイルショットを塗り始めて3週間経ちました。少しずつ、古くなった爪が柔らかくなってきているみたいです。ボロボロだった爪の手触りが良くなりました。白くてボロボロで、乾燥していた足の爪がしっとりしている感じです。

 

↑3週間目の母の感想です。
母は、毎日欠かさずクリアネイルショットを塗ってくれています。3週間経過しましたが、最初に比べて少しずつ爪に変化がみられるようで安心しました!!

 

=クリアネイルショットを使って1か月経過=

母:爪水虫の症状がひどかった、薬指と小指のボロボロしていた古い爪が剥がれてきました。痛みはなくて、自然と取れた感じです。今まで他の薬を使っても古い爪が剥がれることがなかったので、効果が期待できそうです。
クリアネイルショットの容器は小さいですが、約1か月で使い切りました。途中で1か月持つのか心配になりましたが、1か月使うことが出来ますのでご安心ください。治療が長くかかるかもしれないと娘から聞いたので、あきらめずに気長に続けてみます。

 

↑1か後の感想です。
クリアネイルショットを1か月使用しました。ここで、母の爪水虫の写真をビフォーアフターでご紹介したいと思います。

 

↓これが爪水虫のビフォー写真↓

足の爪の水虫にクリアネイルショット

 

では、この爪水虫がどのように変化したのでしょうか??

 

↓これが爪水虫のアフター写真↓

足の爪の水虫にクリアネイルショット

 

どうでしょうか??ビフォーと比べると、爪のボロボロが剥がれているのがわかりますよね。
もう少し近くで写真を撮ってみました!

足の爪の水虫にクリアネイルショット

 

爪水虫の治療には時間が掛かると聞いていたので、1か月でこんなに変化があると思いませんでした!!爪水虫の症状が良くなっていると判断してもよいと思います。
爪水虫の治療は、『古い爪が生え変わり、新しい爪が生えてきたら治療が完了』なので、このまま爪水虫の症状が悪化せずに爪が生え変わったら治療が完了することになります。

 

1か月なのでまだ爪水虫は治っていませんが、クリアネイルショットは爪水虫の治療に効果が期待できると感じました^^

 

実際に母の爪水虫にクリアネイルショットを使ったレビューまとめ

本来、爪水虫の治療は、病院での内服薬を飲んで治療をすることが一般的です。しかし、内服薬は副作用の危険性が報告されているので、薬アレルギーのある母の場合、身体への負担が気になりました。治療効果の高いといわれている内服薬を使った治療ですが、それでも爪水虫が完治する確率は約80%だそうです。

 

事情があって長期にわたって病院に通院することが出来ないので、母は病院へ行かずに、爪水虫専用の塗り薬を使って治療をしていますが、我が家のように事情で病院へ行かずに爪水虫を治したい方も多いと思います。

 

  • 病院での内服薬(飲み薬)が飲めない方
  • 病院へ通うことができない方
  • 妊娠中や授乳中の方、これから妊娠を希望している方
  • 家族が爪水虫だけど病院へ行ってくれない方にプレゼント

 

時間がなかったり、恥ずかしかったり、病院が嫌い、強い薬を塗りたくない、などなど…
いろいろな事情があると思いますが、爪水虫でお悩みでしたら、一度クリアネイルショットを試してみる価値はあると思いますよ。安心の30日間の全額返金保証があるのは【公式サイトだけ】なので、ぜひクリアネイルショットの公式サイトをチェックしてみてくださいね♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

足の爪が水虫でボロボロ!?治療薬はコレがおすすめ!

 

足の爪が水虫になる原因と対策

足の爪が水虫になるのは「白癬菌」という菌が原因です。
白癬菌って聞いたことはありますよね。この白癬菌は「水虫」の原因ともいわれていて、足に白癬菌が感染したことで爪にも感染してしまい、爪がボロボロになる爪水虫になってしまうのです。足が水虫菌に感染している場合は、爪だけでなく水虫の治療も一緒に進めていきましょう。

 

白癬菌は空気感染しないので、空気中にある白癬菌を吸い込んでも水虫になることはありません。
では、いつ水虫菌に感染してしまうのでしょう??
感染経路としては、以下の事が考えられています。

 

  • 素足で湿り気のあるまま靴下や靴を履く
  • 公衆浴場の床やカーペットに触れる
  • 家族が水虫菌に感染していた

 

 

白癬菌に感染を予防するポイント

白癬菌が足に付着して、角質層に感染するまでは24時間以上必要とされているので、その間に洗い流せば感染する可能性は低いでしょう。
しかし、すでに家族が感染している場合は、一緒に住んでいる方も白癬菌に感染する可能性が高くなります。
家族が白癬菌に感染している場合は、白癬菌に感染しないように心がけましょう。

 

バスマットやスリッパを共有しない

白癬菌は湿気のある場所を好みます。湿り気のあるバスマットは白癬菌が繁殖しやすい場所なのです。
そのため、白癬菌に感染している家族が使用したバスマットは共有しないこと。
また、スリッパにも白癬菌が住み着きやすい場所なので、スリッパの共有も避けましょう。
バスマットは洗濯したあと、よく乾燥しましょう。洗濯の出来ないスリッパは除菌スプレーをして、陰干ししてしっかり乾燥させておくことがポイントです。

 

床やカーペットの掃除をこまめにする

白癬菌を持った足で床やカーペットを歩くと、そこに白癬菌が付着して、家族に感染してしまう可能性があります。
床は拭き掃除をして、洗濯のできないラグやカーペットなどは、除菌スプレーをしたあとに乾燥させましょう。

 

毎日同じ靴を履かない

毎日同じ靴を履くのではなく、2~3足の靴を用意して、交互に靴を履くようにしましょう。私たちの足の裏からは、コップ1杯分くらいの汗をかくと言われているので、どうしても靴の中は蒸れやすくなります。
同じ靴を毎日履いていると、湿り気の大好きな白癬菌が増殖してしまいます。
交互に靴を履き替えて、靴の中を乾燥させておくように心がけたいですね。

 

通気性のある靴下を履く

靴下の中でも、おすすめしたいのは5本指ソックスです。
普通の靴下は指と指が密着した状態で蒸れやすくなりますが、5本指ソックスだと指が1本ずつ離れるため蒸れにくいです。しかも、疲れにくいです!
女性の方は5本指ソックスを履くのが恥ずかしい、という方もいらっしゃいますが、お部屋の中だけでも5本指ソックスを履くことで、床やカーペットに白癬菌が付着する可能性が少なくなりますよ。

 

自分や一緒に住んでいる家族が爪水虫に感染していた場合は、家族の協力も必要になります。
あまり神経質になると家族がぎくしゅくしてしまうので、そうならない程度に、爪水虫の治療を続けていきたいですね。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

足の爪が水虫!?治療薬はコレがおすすめ!